世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

宗隣寺 龍心庭

そうりんじ りゅしんてい
美しさ ★★★
静寂さ ★★
山口県宇部市
  • 宗隣寺庭園

    山口県最古の庭園で夜泊石を眺める

    池泉庭園 / 国指定名勝
    庭園面積 1,000坪 (大規模)
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

宗隣寺 龍心庭の由来

奈良時代(777年)に唐より来朝した和尚によって普済寺(ふさいじ)として創建。室町時代の南北朝時代(1336~1392年)に「龍心庭(竜心庭)」が造られる。江戸時代(1670年)に宇部の領主が、父の冥福を祈るため荒れていた普済寺の地として「宗隣寺」を再興。昭和43年(1968)に復元工事が行われ、昭和58年(1983)に国指定名勝を受ける。






  • 龍心庭(竜心庭)

    本堂北側には築山池泉庭園「龍心庭(竜心庭)」があり、山口県最古の庭園であり室町時代に作庭されたといわれている。このような歴史ある庭園が山口宇部空港から車で15分程の距離にある。

  • 夜泊石を説明

    宗隣寺庭園で注目すべきものは2つある。まずは立石を2列に配置した夜泊石(よどまりいし)。写真では分かりやすいように2本のラインを書き込んでいる。これは蓬莱へ向かう集団船(宝舟ともいう)が、夜のうちに船溜まりに停泊している姿を抽象的に表現したものといわれる。他には京都の西芳寺や金閣寺などで夜泊石をみられる。

  • 宗隣寺の干潟様

    もうひとつは「干潟様(ひがたよう)」。池畔に小石を敷いて、池の水位により干潟が見え隠れする潮の干満を表現。現存する干潟様は平泉の毛越寺と宗隣寺だけといわれ大変貴重なものである。このような作庭技術は、平安時代に編集された作庭記に記載されている。

  • 枯滝石組

    干潟様の向かいには枯滝石組がみえる。中央上部の立石から三段に組まれている。

  • 正面の斜面には遠山石

    正面の丘陵には遠山石(えんざんせき)とおもわれる立石を確認できる。遠山石とは、遠山を抽象的に表現したもので、この庭の中心石にもなっている。分かりやすいように赤色で▲マークを記している。

  • 干潟様と夜泊石をクローズアップ。

  • 夜泊石の左端先頭に配置された立石

    左の立石は、夜泊石の左先頭に配置された立石である。

  • 池泉と苔庭を立体的になるようにみせている。

    池泉南側を眺める。護岸石組は高さが一律になるように配置され、池泉と苔庭を立体的になるようにみせている。

  • 欄干に足をいれて座って観賞

    受付では、「欄干(らんかん)に足をいれて座って観賞してみてください。」といわれる。話を聞くだけでは意味が分からなかったが、なるほど廊下の手すりである欄干には一部空間が設けられている。

  • 欄干に足をいれて座って観賞

    つまり、こういうスタイルで眺めるのである。なかなか気持ちイイ。

  • コンパクトながら品格のある

    受付近くの坪庭を見下ろす。コンパクトながら品格のある坪庭である。

  • 砂庭と芝庭の境に敷石が敷かれている

    書院前を望む。砂庭と芝庭の境に敷石が敷かれている。


総評
宗隣寺は庭園サイトを立ち上げる5年前ほどに訪問したことがある。当時は知識が無く美しい庭園という感覚だけであったが、ある程度の知識をつけて再訪すると、夜泊石や干潟様の全国的にも限られた意匠を眺められる貴重な庭園であることに感動。また欄干に足をいれ、リラックスして観賞できるスタイルもいい。
×庭園自体に×はない。ただ夜泊石と干潟様の詳しい説明が書かれたパンフレットや案内板がなく、その意匠の意図が伝わらず勿体ない。


アクセス
山口県宇部市大字小串210
宇部空港 車で約15分

駐車場
あり(無料)

開園時間
午前9時~午後5時

入園料
300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-09-21 (日) 更新日 2018-09-25


宗隣寺 龍心庭周辺の庭園

松田屋ホテル庭園
山口市 32km
松田屋ホテル庭園
常徳寺庭園
山口市 59km
常徳寺庭園
漢陽寺
周南市 69km
漢陽寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




山口県の人気夜景スポット