世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

岡部記念館「金鈴荘」

おかべきねんかん「きんれいそう」
美しさ ★★
静寂さ ★★★
栃木県真岡市
  • 岡部記念館「金鈴荘」

    真岡木綿の呉服屋別荘

    池泉庭園 枯山水
    庭園面積 400坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

岡部記念館「金鈴荘」の由来

金鈴荘は明治時代に呉服店2代目の岡部久四郎が数十年の歳月をかけて建築。昭和27年まで岡部家の別荘として使われ、昭和63年までは割烹料理店「金鈴荘」として利用。その後、市が借り受け岡部記念館「金鈴荘」として保存。現在は市に寄付されている。建築物は県の指定有形文化財に登録されている。






  • 額縁庭園

    江戸時代に真岡市では綿の栽培が盛んに行われていた。この地元特産の真岡木綿を取り扱った岡部呉服店の別荘だったのが、現在の金鈴荘である。

  • 池泉回遊式庭園

    芝庭を中心にした池泉回遊式庭園で、流れに囲まれた場所に東屋を設けている。

  • 洲浜風の意匠

    東屋には洲浜風の意匠を施しているが、人工感が出過ぎているのが勿体ないと感じるところだ。

  • 枯山水

    庭園には2ヶ所に枯山水のような庭園を造っている。

  • 滝石組

    滝石組は二段落としで、上段下段ともに水を左右に分ける水分石を配している。上段の滝石組で水が流れ落ちる石「水落石」の上部に雑草が茂っていることで、滝石組の存在を弱めてしまい勿体ない。

  • 枯山水

    もう1ヶ所の枯山水。

  • 枯山水

    内側から撮影してみると、このように白砂で大海を表現しているのが分かる。

  • 金鈴荘と東屋

    金鈴荘と東屋。

  • お気に入りの1枚

    お気に入りの1枚。

  • 延段

    書院から大きな飛石で金鈴荘と平行に直線状に伸びる延段に合流。右手に進むと飛石が再開、左手に進むと水の流れに沿って緩やかなカーブを描く延段に繋がる。このように延段と飛石の使い方が上手い。

  • 額縁庭園

    2階から庭園を眺められたが、コロナ禍とうこともあり訪問時は閉鎖されていた。また機会があれば再訪問して2階から庭園を眺めてみたいものだ。


総評
金鈴荘と平行となる直線状の延段と、水の流れに沿った弧を描く延段。延段の使い方が自然でいて美しい。
×東屋の洲浜が、小石を敷き詰めたものであれば、さらに良かっただろう。


アクセス
栃木県真岡市荒町2096番地1
JR「真岡」駅 徒歩約20分、北関東道・真岡IC 約10分

駐車場
有り(約20台 無料)

開園時間
午前10時~午後4時
建物内部のみ午後0時~午後1時は閉館。庭園は見学可。

休館日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌平日)

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-05-28 (土) 更新日 2022-07-02

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


岡部記念館「金鈴荘」周辺の庭園

最勝寺
筑西市 16km
最勝寺
廣澤美術館
筑西市 17km
廣澤美術館
月山寺
桜川市 17km
月山寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




栃木県の人気夜景スポット