世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

清澄庭園

きよすみていえん
美しさ ★★★
静寂さ ★★
東京都江東区
  • 東京ドーム約1個分

    三菱財閥の創業者が築いた名石の庭

    池泉庭園
    庭園面積 12,000坪 (超大規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

清澄庭園の由来

明治11年(1878)に三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎が荒廃した邸地を取得し、社員や貴賓を招待する場所として造園。昭和7年(1932)に当時の東京市(現東京都)に寄付し開園。






  • 東京ドーム約1個分

    緑の庭園に似合うパステルカラーの清楚な姿に惹かれ、思わず隠し撮りからの庭園散策スタート。あじさいの咲く時期に訪問すると、庭園に紫色や白色の差し色が美しい。

  • 中の島に繋がる渡り橋(清澄庭園)

    中の島に繋がる渡り橋。都心の庭園が故に借景に近代的なビルが顔を覗かせてしまう。

  • 大泉水越しに大正記念館(清澄庭園)

    大泉水(だいせんすい)越しに大正記念館を望む。紅葉の落葉時期に訪問すれば、朱色に染まる庭園が美しいだろう。

  • 清澄庭園を象徴する磯渡り

    清澄庭園を象徴する磯渡り。ここにはある工夫が隠されている。歩を進める度に景観が変化するように石が配置されている。同行者に言及すれば、アナタの知性を演出できるだろう。

  • 紫陽花越しに数寄屋造りの涼亭を望む(清澄庭園)

    満開に成りきっていない紫陽花越しに、数寄屋造りの涼亭を望む。この涼亭は実は事前予約により貸し切り可能。文化財を借り切っての食事やお酒を愉しみながらの庭園観賞。堪らないですね。

  • 清澄庭園の涼亭

    涼亭のサイドビュー。借景のタワーマンションから清澄庭園を見下ろしてみたい。

  • 清澄庭園の花菖蒲田(清澄庭園)

    清澄庭園には花菖蒲田もある。開花時期は紫陽花の時期と重なるため、6月下旬がお薦めだろう。


総評
都内の浜離宮恩賜庭園と双璧をなす都内2大日本庭園だけあり見応え十分。清澄庭園の周りにはお洒落で本格的な珈琲屋が多いのも魅力。
×都心の庭園では、なかなか避けられない「借景にビルが顔を覗かせる問題」。


アクセス
東京都江東区清澄二・三丁目
都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 徒歩3分

駐車場
なし(徒歩5分のコーナン 江東深川店がリーズナブル)

開園時間
午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

入園料
一般 150円
65歳以上 70円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2017-12-21 (日) 更新日 2018-04-01


清澄庭園周辺の庭園

浜離宮恩賜庭園
中央区 4.4km
浜離宮恩賜庭園
東京国立博物館 庭園
台東区 4.7km
東京国立博物館 庭園
旧芝離宮恩賜庭園
港区 5.2km
旧芝離宮恩賜庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




東京都の人気夜景スポット