世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

旧古賀家

きゅうこがけ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
佐賀県佐賀市
  • 旧古賀家 正門

    旧古賀銀行頭取の邸宅庭園

    枯山水
    庭園面積 400坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

旧古賀家の由来

九州5大銀行とまでいわれた古賀銀行を設立した明治時代の実業家・古賀善平の旧家。古賀銀行は昭和8年に廃業するが、明治17年に建てられた旧家が保存公開されている。






  • 旧古賀銀行頭取の邸宅

    旧古賀銀行頭取の邸宅が無料開放されている。まずは主座敷と奥座敷に囲まれたお庭を拝見。

  • 枯池

    枯山水風に造られた庭園であり、枯池を造っている。軒下は丸石をコンクリートで固めることで、庭園に隣接しつつも不自然さを打ち消している。

  • 池中立石

    枯池には長石を池中立石のように立てている。おそらく、かつては水を張った池泉庭園だったと思われる。

  • 額縁庭園

    主座敷より南側の庭を額縁庭園として眺める。

  • 赤煉瓦塀

    当時の様子を感じさせる赤煉瓦塀が風合いがあって良い。平たい石を積み上げた石組も特徴的であるが、目立つ場所に照明が設置されているのはやや残念である。

  • 三尊石組

    1石を少し話した三尊石組は力強く美しい。その手前に立石と、地中に埋めて天端(てんぱ)を見せている意匠も面白い。天端:石の上面にある平面な部分。

  • 吾唯知足

    「吾唯知足(ワレ、タダ、タルヲシル)」という「今を満ち足りたものとし、現状に不満を持たないこと」が記された最も有名な蹲居(つくばい)がみられるが、石地の配置などが石庭で有名な「龍安寺」のものと似ている。

  • 土が占める面積が広く間延びした感じがある

    築山には巨石を配している。土が占める面積が広く間延びした感じがあるので、芝などを敷くことで引き締まると思う。

  • 庭好きの亭主

    様々な場所から庭を眺められるような建築設計になっており、庭好きの亭主であったことが伺える。


総評
明治時代の和風建築邸宅から3方向の邸宅庭園を楽しめる。額縁庭園の撮影も面白い。
×土のままの空間が単調で間延びした印象を受ける。


アクセス
佐賀県佐賀市柳町3-15
佐賀駅 徒歩23分

駐車場
有り(無料)

開園時間
9時から17時(佐賀城下ひなまつり開催期間中は、無休、10時開館)

休館 月曜日、祝日の翌日、年末年始、資料等整理期間

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-05-02 (日) 更新日 2022-02-20

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
はい。充分に楽しめます。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


旧古賀家周辺の庭園

隔林亭
佐賀市 3.2km
隔林亭
旧戸島家住宅
柳川市 14km
旧戸島家住宅
立花氏庭園 松濤園(松涛園)
柳川市 15km
立花氏庭園 松濤園(松涛園)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




佐賀県の人気夜景スポット