世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

松屋敷

まつやしき
美しさ ★★
静寂さ ★★★
栃木県日光市
  • 松屋敷庭園

    期間限定公開の日光穴場スポット

    庭園面積 300坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

松屋敷の由来

大正末期に金谷ホテルの敷地内にあった日本家屋を移築し、庭園もその頃に造園。平成28年(2016)から庭園のみ限定公開される。






  • 日光の穴場スポット

    2016年より限定公開された松屋敷は、あまり知られていない日光の穴場スポットであり、紅葉も美しいとのこと。庭園の中心には池泉が作られている。

  • 池泉北部には滝石組が作られている

    護岸石組はなく、池泉北部には滝石組が作られている。

  • 滝石組「あずま滝」

    この滝石組「あずま滝」が松屋敷における日本庭園でのハイライトとなる。滝下には水を分流する水分石を据えている。

  • 滝石組「あずま滝」

    水量は少なく、丸みを帯びた石で組まれている。日本庭園の世界では、江戸末期以降は石組に力強さが少なくなり、穏やかさを感じさせる石組になりつつある。

  • 滝石組「あずま滝」

    何段にも落とされた多段落としであり、水が伝い落ちる水落石(みずおちいし)の両側には滝添石が立てられ、滝石組の基本形に沿って造られている。

  • 滝下部を見下ろす

    滝下部を見下ろす。緩やかな曲線が付けられ美しく、破綻なく池泉へと流れ込む。

  • 石灯籠

    池泉中央部には石灯籠があり、火袋の下部である竿が人にみえないだろうか。

  • 灯籠を担ぐ鬼

    正面から撮影すると、鬼になっており、灯籠を担ぐ鬼というモチーフである。そして、鬼の目線先には

  • 仏様が見張っている

    仏様がいる。鬼を灯籠で押さえ込み、仏様が見張っているという例えなのだろうか。

  • 日光小学校を見下ろせる展望所

    池泉を離れ庭園を周遊すると、日光小学校を見下ろせる展望所がある。

  • 五角堂

    また五角堂からは庭園を少し高いポジションから見下ろせる。イスも完備され寛げそうな環境である。

  • 松屋敷の案内図。注意点としては、車でのアプローチは分かりにくい。梅屋敷旅館とホテル高照の共用の入り口から車で進入していく。ホテルと旅館の駐車場を越えて、砂利道を進んでいった先に駐車場がある。なお、10時過ぎから東照宮周辺に駐車場待ち渋滞が発生する。そのため日光駅から国道169号線を北上して、橋を越えて2つめの信号を左折して日光木彫りの里工芸センター経由のルートでアプローチするのが正解である。 [ 案内図を拡大する ]


総評
日光で混雑に巻き込まれない穴場庭園といえる。特に紅葉時期はお薦めだろう。
×日本庭園としては滝石組が唯一の見所となり、もの足らない。


アクセス
栃木県日光市萩垣面396-1
JR・東武「日光」駅からタクシーで15分

駐車場
有り(5台ほど)

開園時間
午前10時~午後4時(入園は午後3時30分まで)

開園日
・4月~11月の第4土曜日と翌日曜日
・GW、紅葉シーズン

入園料
大人 500円
小学生以下 250円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-08-24 (日) 更新日 2019-08-31


松屋敷周辺の庭園

輪王寺 逍遥園
日光市 0.8km
輪王寺 逍遥園
日光田母沢御用邸記念公園
日光市 1.9km
日光田母沢御用邸記念公園
古峯神社 古峯園
鹿沼市 14km
古峯神社 古峯園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




栃木県の人気夜景スポット