世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

能仁寺

のうにんじ
美しさ ★★
静寂さ ★★★
埼玉県飯能市

能仁寺の由来

室町中期(1501)に飯能で大きな勢力をもった中山家勝が、曹洞宗の名僧を招いて招聘して小さい草庵(そうあん:小屋)を開いたのが始まり。家勝没後、子の中山家範が父の菩提(ぼだい:仏)を弔うため本格的な寺として創建。本堂北庭には池泉鑑賞式の蓬莱庭園がある。






  • 能仁寺の本堂

    まずは能仁寺の本堂を眺める。

  • 大書院から庭園を眺める

    能仁寺は自由に参拝できるが、庭園を眺めるには300円が必要。まずは大書院から庭園を眺める。こちらはメイン庭園「池泉鑑賞式の蓬莱庭園」ではない。

  • 飛び石の先に立派な石灯籠が控える

    飛び石の先に立派な石灯籠が控えるが、庭園内は立ち入りできない。

  • 大書院の大広間

    大書院の大広間から庭園を眺める。

  • 能仁寺の本堂北側

    能仁寺の本堂北側にやってきた。白壁の土蔵がみえる。

  • 能仁寺庭園を眺める

    こちらが能仁寺庭園である。池泉鑑賞式の蓬莱庭園であり、築山、亀島、鶴島、石橋を備える。

  • 枯滝

    枯滝が組まれ、脇を固める滝添石も豪快であり優れた意匠だ。

  • 飛び石と霰崩し(あられくずし)

    夜景スポットでもある天覧山の急斜面を巧みに取り入れることで、立体的な庭園を生み出している。また、飛び石の周りを大きめの玉石を粗く敷いた敷石「霰崩し(あられくずし)」が施された意匠が凝らされている。

  • 庭園を眺める女性

    庭園を眺める女性。ちなみに、本堂や大書院の廊下はよく磨かれ手入れが行き届いている。フラッシュを利用したようにみえるが、暗めに撮影して暗部を引き上げるレタッチ処理で、自然な様子を再現。もちろん一眼レフやミラーレスを利用したRAW画像であることが大前提。

  • 能仁寺庭園の額縁庭園

    おきまりの額縁庭園を楽しむ。

  • 能仁寺庭園の額縁庭園と土蔵

    能仁寺庭園と土蔵を眺める。奥行きと立体感ある庭園であることが分かる。

  • 石灯籠をメインに添えた額縁庭園

    最後に、大書院の大広間越しに石灯籠をメインに添えた額縁庭園を撮影して、能仁寺を後にする。


総評
天覧山の斜面を活かした立体感と奥行きのある庭園は、関東近県ではあまり見られないタイプである。
×庭園内を散策できない。特に見応えのある枯滝が見えづらいのは残念。


アクセス
埼玉県飯能市飯能1329
西武池袋線「飯能駅」北口から、名郷・名栗車庫・湯ノ沢・西武飯能日高団地行き等で「天覧山下」下車 徒歩5分

駐車場
あり(無料)

開園時間
午前9時~午後4時

入園料
300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-03-31 (日) 更新日 2018-04-07


能仁寺周辺の庭園

日向和田 臨川庭園
青梅市 12km
日向和田 臨川庭園
殿ヶ谷戸庭園
国分寺市 26km
殿ヶ谷戸庭園
九品仏 浄真寺
世田谷区 48km
九品仏 浄真寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




埼玉県の人気夜景スポット