世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

聖天院

しょうでんいん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
埼玉県日高市
  • 雷門

    まるで流水しているような滝石組

    池泉庭園
    庭園面積 300坪 (小規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

聖天院の由来

聖天院 勝楽寺(しょうらくじ)は、奈良時代(751)に創建された真言宗智山派の寺院である。中門の先にある池泉庭園の場所に本堂があったが平成12年に山の上に移築。移築後に江戸時代からあった池泉を広げ、現在の庭園となった。






  • 広い白砂敷きの空間

    中門を潜ると広い白砂敷きの空間が現れ、その奥に山並みを活かした池泉庭園がある。

  • 斜め上から撮影

    石段を登って斜め上から撮影。中央の庫裏と、左手に見切れている書院からも庭園を眺められるようになっている。

  • 池泉が治水の役割を果たしている

    住職に伺うと、伽藍と裏山の間に池泉を設けていることが多いとのこと。これは観賞用という用途もあるが、山から流れてきた水を受け止め、伽藍に流れ込み湿気を発生させないようにするための治水の役割も果たしているとのこと。池泉が治水の役割を果たしているというのは、初めて知り大変勉強になった。

  • 滝石組

    池泉南部に滝石組を設けている。

  • 滝石組で水が流れ落ちるように見立てた石を水落石(みずおちいし)と呼ぶが、聖天院の水落石はまるで流水しているような見事な岩肌だ。庫裏側から眺めないと滝が分からないので、気づかない人が多いだろう。

  • 書院側に回り込んで眺めていると、出島で2つの池泉に分離されているような形状になっていることに気づく。

  • 岩盤

    斜面には岩盤がみえている。このように自然の岩盤を残したものは、たまに遭遇する。私が拝見したなかで印象的なものは、徳島県阿南市の桂國寺庭園や高知県佐川町の青源寺庭園だ。

  • 亀島にも鶴島にもみえる

    庫裏前には築山を設け巨石を組み、亀島にも鶴島にもみえる。こちらは明らかに本堂移築後に作庭された平成の石組だろう。

  • 見晴らしの良い境内

    移築した本堂へ登っていくと、高麗川駅方面を眺められる見晴らしの良い境内だった。

  • 雪山

    本堂移築時に出現した石灰岩の大塊は「雪山」と名付けられている。

  • 雪山

    石灰岩の大塊出をそのまま残して見学できるのも良い試みだと思う。7月には岩肌にノウゼンカズラのオレンジ色の花が咲き、雪山に咲く花となり美しそうだ。

  • 鐘堂と本堂

    令和元年に完成した鐘堂と、平成12年に完成した本堂。


総評
滝石組で使われている水落石の流水しているような岩肌が良い。
×特に見当たらない。


アクセス
埼玉県日高市新堀990-1
JR「高麗川」駅 徒歩30分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

入園料
300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-12-12 (月) 更新日 2022-02-20

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は江戸時代です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


聖天院周辺の庭園

能仁寺
飯能市 4.1km
能仁寺
豊泉寺
入間市 8.8km
豊泉寺
日向和田 臨川庭園
青梅市 15km
日向和田 臨川庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




埼玉県の人気夜景スポット