世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

旧小澤家住宅

きゅうおざわけじゅうたく
美しさ ★★
静寂さ ★★
新潟県新潟市中央区
  • 旧小澤家住宅

    松島を摸した近代庭園

    枯山水
    庭園面積 200坪 (小規模)
    抹茶など頂ける
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

旧小澤家住宅の由来

江戸後期からの豪商・小澤家の店舗を兼ねた住宅である町家。庭園は明治40年代に造園された。その後整備され、平成23年(2011)に一般公開される。






  • 百合ノ間

    夏季の特定時期だけ旧小澤家住宅にて、かき氷などが販売され。通常貸し部屋となっている「離れ座敷」など一般公開される。訪問時は丁度そのタイミングであった。離れ座敷でかき氷を食べられるようになっているが、庭園観賞としては常時開放されている写真の「百合ノ間」からのほうが美しい。

  • 陶製の鶴

    明治末期に百合ノ間のある新座敷などの増築とあわせて造園され、陶製の鶴も飾ってある。

  • 芝生で大海を表現

    芝生で大海を表現しており、苑路に飛石を敷いている。

  • 日本三景「松島」を模している

    巨石で築山や島を造り、松や石灯籠などを配して日本三景「松島」を模している。松島を摸して庭園としては福岡県柳川市の立花氏庭園 松濤園が有名である。

  • 青石による2・2・1の石組

    青石による2・2・1の石組は、鋭く力強く美しい。

  • 名石で島を造っている

    四国石、紀州石、佐渡の赤玉石などの名石で島を造っている。特に新潟県では佐渡の赤玉石がよく使われる。


総評
芝庭を大海とし、松島を摸した近代庭園を座敷からでゆっくり観賞できる。
×名石揃いだが日本庭園としてはやや単調な造りである。


アクセス
新潟県新潟市中央区上大川前通12番町2733番地
JR「新潟」駅より新潟市観光循環バス 「旧小澤家住宅入口」バス停下車 徒歩1分

駐車場

開園時間
午前9時30分~午後5時

休園日:毎週月曜日(休日の場合は翌日)、休日の翌日(土・日の場合は火曜日)、年末年始

入園料
一般 200円 
小学生・中学生 100円(土日祝は無料)

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-07-23 (木) 更新日 2020-08-10


旧小澤家住宅周辺の庭園

旧齋藤家別邸
新潟市中央区 1.0km
旧齋藤家別邸
北方文化博物館 新潟分館
新潟市中央区 1.1km
北方文化博物館 新潟分館
北方文化博物館
新潟市江南区 16km
北方文化博物館

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




新潟県の人気夜景スポット