世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

霊鑑寺門跡

れいかんじもんぜき
美しさ ★★
静寂さ ★★
京都府京都市左京区
  • 霊鑑寺門跡

    春と秋のみ見学できる由緒ある庭園

    池泉庭園
    庭園面積 150坪 (小規模)
    特筆事項 春と秋の特別公開のみ見学可
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

霊鑑寺門跡の由来

臨済宗南禅寺派の門跡尼寺(尼門跡ともいう)である霊鑑寺。門跡(もんぜき)とは住職が皇室や公家によって受け継がれてきた寺院で、後水尾天皇の皇后ゆかりのため門跡尼寺となる。庭園は江戸時代中期に作庭され、椿が美しいことでも知られ「椿の寺」ともいわれる。毎年、春と秋のみ公開される。






  • 池泉観賞式庭園

    後水尾天皇の皇后ゆかりのため門跡尼寺。後水尾天皇といえば自らの設計によって作庭した修学院離宮があり、本庭園もコンパクトながら見応えある庭園となっている。

  • 霊鑑寺門跡庭園 図解

    まずは全体像を図解。出島には般若寺型石灯籠と三尊石で蓬莱山を見立てた蓬莱三尊石がある。左手には枯滝石組があるが、かつては水が流れた池泉庭園であった。そのため、正確には枯滝ではなく、専門用語ではあるが涸滝と表現するのが正解だろう。

  • 枯池

    現在は枯池で枯山水にみえるが、パンフレットでも池泉観賞式庭園と記載されている。石橋の奥には可愛らしい2段重ねの石灯籠を据えているのがわかるだろうか。

  • 出島の護岸石組は丸みのある柔らかな巨石

    大文字山より伸びる稜線を活かした立地であり、斜面に沿って石垣が組まれている。出島の護岸石組は丸みのある柔らかな巨石で組まれているが力強さを感じる。書院から眺めると三尊石と般若寺型石灯籠が重ならないように配置されているが、個人的には石灯籠はないほうが美しいと感じる。

  • 切石

    出島からは切石で橋を欠けている。切石が使われるようになったのは、重森千靑氏によると江戸初期以降である。切石の石橋では厚みのあるものが多いなか、華奢で折れそうな薄さは天龍寺 曹源池庭園の青石による石橋や、慈照寺(銀閣寺)の仙桂橋を思い出すような造形だ。おそらく作庭当初は石橋を支える石は中央の自然石だけで、脇にある切石による支柱はなかっただろう。

  • 水分石と鯉魚石

    かつては水が流されていた枯滝石組(涸滝石組)の滝壺にあたる紫色でマーカーした石は、流れ落ちてきた水流を左右に分ける水分石(みずわけいし)とされる。その右手には赤色でマーカーした、やや斜めに据えた立石は鯉魚石(りぎょせき)とされる。

  • 鯉魚石

    少し分かりやすいように角度を変えて撮影。鯉魚石とは鯉の滝登りを表現している石である。もちろん鯉が滝を登るようなことはできないが、ひたすら修行を繰り返すという禅の理念を表しており、鯉魚石のある滝石組は龍門瀑とも呼ばれる。

  • 集団石組

    本堂そばにある集団石組は巨石で組まれ豪壮だ。

  • 書院から本堂へは一段高いところにある

    書院から本堂へは一段高いところにあり、その斜面に石組を組んでいる。渡り廊下の奥にも庭園があり、回り込んで撮影してみると

  • 美しい苑路

    このような緩やかな曲線が美しい苑路になっている。

  • 飛石

    苔庭に造られた飛石は表現豊かな意匠で秀逸だ。

  • なだらかな築山に景石が配置され美しい

    本堂周辺は苔庭となっており石組は少ないが、なだらかな築山に景石が配置され美しい。

  • 苔に舞い散る紅葉

    紅葉時期も見事であるが、椿の寺と呼ばれる寺院であるため、春の特別公開時期にも足を伸ばしてみたいと思った。


総評
門跡寺院の風格があり、水が涸れてはいるが池泉庭園の石組や力強く見応えがある。
×特に見当たらない。


アクセス
京都府京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町12
阪急「四条河原町」駅から京都市営バス「宮ノ前町」下車徒歩7分

駐車場

開園時間
午前10時~午後4時

春(3月下旬~4月上旬)と紅葉シーズンのみ特別公開

入園料
大人600円
小学生300円

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-22 (金) 更新日 2020-08-15


霊鑑寺門跡周辺の庭園

慈照寺(銀閣寺)
京都市左京区 0.8km
慈照寺(銀閣寺)
真如堂(真正極楽寺)
京都市左京区 0.8km
真如堂(真正極楽寺)
金戒光明寺
京都市左京区 0.8km
金戒光明寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




京都府の人気夜景スポット