世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

西應寺庭園

さいおうじていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
滋賀県湖南市

西應寺庭園の由来

西應寺のある一帯は、かつて奈良時代に良弁(りょうべん)によって開山された少菩提寺があった。良弁は東大寺を開山した華厳宗の僧である。室町末期に全山が焼失。西應寺はこの地に江戸前期(1683)に創建された浄土真宗大谷派の寺院である。庭園は近江出身の作庭家・勝元 鈍穴(どんけつ)によるものである。






  • 鈍穴の庭

    生涯にわたって500ヶ所以上の庭園を作庭してきたと伝わる作庭家・勝元 鈍穴(どんけつ)。彼の庭は「鈍穴の庭」と呼ばれるが、本庭園以外で出合ったことがないため、現存する庭園がとても少ないのだろう。

  • 書院前の枯山水

    西應寺には3つの庭園があり、まずは書院前の枯山水。借景に山を捉え、築山には多くの樹木を植え、高さ10mにもなる十三重石塔が存在感を出している。

  • 枯滝石組

    西應寺庭園の最も美しい景が、枯滝石組から枯流れで大海へと繋がるところだろう。

  • 鈍穴流

    湖南市観光協会の公式サイトでは、渓流に架けた上下ちがいの石橋などは「鈍穴流」の特徴とのこと。

  • 樹木がとても多い

    ただ樹木がとても多いため、先ほどの美しい枯滝石組と枯流れの存在を弱めている。借景に十分な木々があるので、築山の樹木はもっと間引いたほうが美しさが際だつと思う。

  • 枯滝石組

    一段高い台地には楼が建立されており、こちらにも枯滝石組が造られている。傾斜を利用した築山も枯滝石組になっているのが分かるだろうか。

  • 枯滝石組

    枯滝石組から落水した水が枯流れで左へ流されている。

  • 枯滝石組の頂部

    枯滝石組の頂部を撮影すると、実はさらに水路が右手に延びている。

  • 三尊石の付近から水が流れてきている

    そう、三尊石の付近から水が流れてきているような意匠である。3つまえの写真をよく見ると三尊石の中尊寺石が顔を覗かせている。

  • 巨石

    最後は池泉観賞式庭園。当初からこの地にあったと思われるような巨石、いや岩が鎮座している。

  • 池泉観賞式庭園

    斜面は集団石組になっているが特段見るべきところはなく、西應寺庭園のメインは枯山水だといえる。


総評
1つめの枯滝石組と枯流れが美しい。また渓流に架けた上下ちがいの石橋も見逃せない。
×築山に樹木が多すぎて、石組の美しさを損なっているのが残念である。


アクセス
滋賀県湖南市菩提寺1677
栗東ICより約10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前10時~午後4時

入園料
500円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-12-26 (土) 更新日 2021-09-03

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


西應寺庭園周辺の庭園

新善光寺
栗東市 4.0km
新善光寺
善水寺
湖南市 6.6km
善水寺
兵主大社(兵主神社)
野洲市 11km
兵主大社(兵主神社)

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




滋賀県の人気夜景スポット