世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

猿賀公園 日本庭園

さるかこうえん にほんていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
青森県平川市

猿賀公園 日本庭園の由来

平安時代に深砂宮(神蛇宮)として創始し、明治4年より猿賀神社と改称された神社に併設された猿賀公園は昭和53年(1978)に整備された。道路を挟んで東西に公園と庭園があり、東側の日本庭園には平成15年(2003)に見本庭園が新たに完成。






  • 猿賀公園 日本庭園

    国指定名勝で明治時代三名園のひとつである盛美園の開園待ちをしているとき案内板を眺めていると、隣接する猿賀公園にも庭園があることに気づく。猿賀公園は道路を挟み東西に分かれているため、本記事では東部を紹介。(西部は猿賀公園 枯山水で紹介)

  • 池泉庭園

    東部には池泉回遊式庭園と枯山水があり、巨石と池泉による近代的な庭園といっていいだろう。

  • 飛石

    公園であるが故、飛石も安全第一で大きな平石を使っている。

  • 枯滝石組と枯池の枯山水

    池泉の奥には、枯滝石組と枯池の枯山水を造っている。

  • 枯山水

    蓬莱石のような巨石。

  • 見本庭園

    猿賀公園には見本庭園というエリアがあり、6つの小規模な庭園がある。造園業の盛んであった尾上地区の造園業者が、6つの庭園を作庭している。2018年頃までは庭園毎に施工価格が表示されており、およそ100万円前後。このような見本庭園は、新潟にある道の駅 庭園の郷 保内でもみられる。

  • 枯滝石組

    見本庭園のひとつ。枯滝石組の頂部は三尊石風に遠山石を配置して、手前には水を左右に分ける水分石を置いている。

  • 枯池に洲浜を設けた施工例

    見本庭園のひとつ。枯池に洲浜を設けた施工例であり、力強さが足らないと感じた。


総評
国指定名勝の盛美園に隣接したエリアに清藤氏書院庭園や、今回紹介する近代庭園など様々な庭園を一度に楽しめるのが良い。
×施工料金の看板がなくなっているが、最新価格に更新して載せたほうが興味を引く人が増えると思われるので、なくなってしまったのは残念である。


アクセス
青森県平川市猿賀
JR弘前駅より弘南鉄道「津軽尾上」駅下車 徒歩10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-09-21 (月) 更新日 2021-07-10

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は昭和です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


猿賀公園 日本庭園周辺の庭園

盛美園
平川市 0.2km
盛美園
清藤氏書院庭園
平川市 0.2km
清藤氏書院庭園
猿賀公園 枯山水
 0.5km
猿賀公園 枯山水

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




青森県の人気夜景スポット