世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

栖鳳楼庭園

せいほうろうていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
大分県玖珠町

栖鳳楼庭園の由来

江戸初期に森藩を治めていた久留島家の屋敷跡に残る池泉庭園である。旧久留島氏庭園は藩主御殿庭園、栖鳳楼庭園、清水御門前庭(清水御門御茶屋庭園)の3つの構成される。本記事で紹介する栖鳳楼は元は「御山御茶屋」であり、江戸後期(1831)に完成。平成24年(2012)には国指定名勝庭園となる。






  • 栖鳳楼茶庭

    案内版には「栖鳳楼茶庭」と記載されていることから露地に分類。築山は七五三石組となっている。

  • 栖鳳楼茶庭  図解

    石が多いため分かりにくいが、恐らく次のような配置と思われる。奇数は引用の「陽」を表す数字で変化を生み出すめでたい数字とされる。特に7・5・3は縁起が良いとされることから七五三石組が生まれた。世界遺産の龍安寺 石庭が七五三石組の代表格だ。

  • 礼拝石

    築山の手前には巨石による礼拝石を据えている。

  • 分岐点に石臼

    栖鳳楼庭園は飛石も見どころだ。分岐点に石臼を使っている。

  • 飛石

    飛石。

  • 置き灯籠

    苔付いた置き灯籠。

  • 滝石組をイメージした石段

    一瞬、滝石組かと思ったが鳥居に繋がる石段であった。ただ両側の石組をみると滝石組をイメージした石段なのだろうか。

  • 日本一大きな手水鉢

    末廣神社に日本一大きな手水鉢があったので撮影。二段の踏み石も巨石で驚く。続いて、清水御門前庭へ向かう。


総評
九重連山を借景に取り入れた七五三石組が美しい。
×特に見当たらない。


アクセス
大分県玖珠郡玖珠町森855
別府ICから約40分、玖珠ICから約5分

駐車場
有り(無料)

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2022-03-27 (日) 更新日 2022-04-09

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は江戸後期です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


栖鳳楼庭園周辺の庭園

旧久留島氏庭園
玖珠郡玖珠町 0.1km
旧久留島氏庭園
清水御門前庭
玖珠町 0.2km
清水御門前庭
渓石園
中津市 17km
渓石園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




大分県の人気夜景スポット