世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

千秋公園

せんしゅうこうえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
秋田県秋田市
  • 表門

    見応えある二段落としの滝石組

    池泉庭園
    庭園面積 2,000坪 (大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

千秋公園の由来

千秋公園は久保田城跡にある都市公園。明治29年(1896)に日本初の公園デザイナーとして知られる長岡安平によって設計された。平成20年には秋田市指定名勝に指定される。






  • 胡月池(こげついけ)のある池泉庭園を見下ろす

    表門を登りきった右手にある展望台から胡月池(こげついけ)のある池泉庭園を見下ろす。本公園を設計したのは日本初の公園デザイナーとして知られる長岡安平であり、比治山公園(広島)、足羽山公園(福井)、高知公園、金華山公園(岐阜)など全国40ヶ所以上の公園を設計してきた公園設計のパイオニアである。

  • 噴水のある池泉

    噴水のある池泉は古庭園としては見どころが少ないことが多いが、胡月池では中国の山並みを思い起こすような岩島を配置しており、噴水口も楽しませてくれている。

  • 別角度から岩島を撮影

    別角度から岩島を撮影。

  • ツツジ山

    噴水の奥はツツジ山があり、5月頃には赤や白色のツツジで覆われる。夜間にはライトアップも行われ千秋公園のハイシーズンとなる。

  • 井戸と石組

    池泉に繋がる枯流れを登っていくと井戸と石組に行きつく。ここまであれば庭園ガイドでは取り上げなかったが、如斯亭にて「ここの滝石組と、千秋公園の滝石組が似ている」というお話を聞いたので滝石組を探しみる。

  • 石段

    立派なアカマツを横目に石段を登っていくと、、

  • 曲水のような流れ

    曲水のような流れが見つかり、この先に滝石組があることに期待がもてた。

  • 曲水のような流れ

    流れは上流に行くに従って大振りの石が用いられている。

  • 滝石組

    そしてたどり着いた滝石組。木々に阻まれ存在が確認しにくいが、2段落としの形式で立派だ。

  • 滝石組

    近づいて撮影するとこのようになっている。googleストリートビューで確認(2016年4月)すると周辺の木々がなく滝の存在感があるが、取材時の2021年9月は滝石組の存在に偶然気づくのは難しい状態になっていた。

  • 滝石組の場所

    場所が分かりにくいため、最後に滝石組の場所が分かる写真を掲載。ちなみに如斯亭の滝石組と類似しているというお話については、さすがに似ているとは言いがたいかなと(笑)


総評
滝石組を構成する石組が力強く雄大であり、滝口から曲水のように流れで園内を横断している作りも良い。
×庭園のハイライトとなる滝石組の周辺木々の成長により、気づかれない存在になっている。


アクセス
秋田県秋田市千秋公園1
JR「秋田」駅 徒歩10分

駐車場

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-09-18 (土) 更新日 2021-09-24

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治(1896年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


千秋公園周辺の庭園

如斯亭(佐竹氏別邸庭園)
秋田市 1.3km
如斯亭(佐竹氏別邸庭園)
旧池田氏庭園
大仙市 52km
旧池田氏庭園
旧本郷家住宅
大仙市 53km
旧本郷家住宅

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




秋田県の人気夜景スポット