世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

退蔵院

たいぞういん
美しさ ★★★
静寂さ ★★
京都府京都市右京区
  • 退蔵院山門

    3つの枯山水と中根金作の池泉庭園

    池泉庭園 枯山水 / 国指定名勝
    庭園面積 800坪 (中規模)
    抹茶など頂ける
    特筆事項 年3回の季節限定特別拝観にて、方丈庭園が公開される。またライトアップイベントもあり。
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

退蔵院の由来

臨済宗大本山妙心寺の塔頭寺院である退蔵院は、室町初期(1404年)に創建された妙心寺屈指の古刹。境内には元信の庭、陰陽の庭、余香苑、そして通常非公開の方丈庭園と4つの庭園をもつ妙心寺最大の庭園寺院である。






  • 元信の庭 全景

    臨済宗大本山妙心寺は、10万坪に46の寺院を構える広大な敷地であり迷路のような空間だ。そのなかで庭園で有名な寺院といえば退蔵院であり、たびたび書籍でも紹介される。まずは方丈西側にある「元信の庭(もとのぶのにわ)」。室町時代の画家・狩野元信が70歳近くに作庭されたと伝えられる庭である。

  • 元信の庭 図解

    「元信の庭」を図解してみる。築山に鶴島。手水鉢を配した鶴島は、私はこれが初めてみるもので案内板を読むまで気づかなかった。池泉中央部には亀島、その奥に枯れ滝石組、蓬莱山を配置している。視点場は撮影地点から右側であり、方丈の西にある「鎖の間」からとなる。ただ「鎖の間」は、年3回の食事付き特別観賞(予約制)のみでしか立ち入りできない。

  • 元信の庭 枯滝石組

    このため通常、枯滝石組を正面から眺められない。最大の見所である「元信の庭」だけに「鎖の間」の通常公開を切に願う。枯滝石組の上部には観音型の遠山石を据え、栗石で滝の流れを表現している。栗石の扱い方が見事としかいいようがない。

  • 元信の庭 南部

    池泉南部を眺める。右下が鶴島の一部であり、正面に石橋、左手の笹塀奥に集団石組がみられる。

  • 元信の庭 石橋

    枯流に架けられた石橋をズームアップ。石橋は丸みを帯びていて上品さを感じる。周辺の石も同種で纏めているのもセンスを感じるところである。

  • 集団石組

    笹塀奥にある集団石組。

  • 方丈南庭(方丈前庭)I

    方丈南庭は、平坦な苔庭に赤松を植樹したシンプルな庭園。案内板には「禅院の方丈前庭にはよく見られる」と記載されているが、分かりにくいの説明を付け加える。江戸時代までは、禅寺(臨済宗、曹洞宗、黄檗宗)では方丈南庭は大切な儀式を執り行うための場所とされ、石を建てることは許されていませんでした。ところが、 江戸幕府の茶人としても知られる作庭家・小堀遠州南禅寺 金地院庭園などを造らせた以心崇伝(いしんすうでん)が、江戸初期(1619年)に禅宗寺院の最高職になると、この規則がなくなり方丈南庭にも続々と庭園が造られた。そのようなこともあり、禅寺の方丈南庭には白砂だけの庭園などシンプルな庭園が多い。

  • 陰の庭

    続いて、陰陽の庭へ移動。砂の色が異なる2つの枯山水で構成され、合計15石の石で構成されている。写真は「陰の庭」であり、砂紋が深く力強い。また2種類の刈込みと生け垣により枯山水を囲んでいる。

  • 陰の庭

    「陰の庭」には8石の石が据えられている。右上には細い枝がみえるが、こちらは枝垂れ桜であり、桜の花びらが黒系の砂に散った様子も美しい。

  • 陽の庭

    こちらは白砂敷きの枯山水「陽の庭」。枝垂れ桜を中心に「陽の庭」と「陰の庭」が向かい合っており、7石あるのを確認できる。

  • 陽の庭

    苔島に2石を組み、刈り込み沿いに5石の石を据えている。こちらの砂紋は「陰の庭」と比べると浅めになっている。

  • 余香苑

    続いては、昭和の「小堀遠州」と称えられた作庭家・中根金作(なかね きんさく)による「余香苑(よこうえん)」へ。サツキの大刈込み、滝石組、そして池泉への流れ込む池泉回遊式庭園である。

  • 余香苑の滝石組

    滝上部には遠山石を据えている。三段落ちの滝には、途中に平たい栗石が敷かれ「元信の庭」と同じ意匠が使われていることに気づく。焦点距離180mmの望遠レンズで撮影しているが、肉眼では分かりにくいため、スマホで拡大しながら細部を観察してみると良いだろう。サツキの咲く6月に再訪して、華やかな光景を眺めてみたいものだ。


総評
3つの枯山水と、中根金作による池泉庭園を同時に楽しめる。特に「元信の庭」の滝石組の造形が素晴らしい。桜の時期、ツツジの時期(6月)がハイライトであるが、それ以外の時期でも十分に楽しめる。
×「元信の庭」の視点場となる「鎖の間」が年三回の食事付き特別公開でしか訪問できないため、滝石組を正面から眺められない。


アクセス
京都府京都市右京区花園妙心寺町35
JR「花園」駅 徒歩約7分

駐車場
あり(無料)

開園時間
午前9時~午後5時(受付終了時間)
休園日無し

入園料
一般 600円
小中学生 300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-12-27 (日) 更新日 2019-02-10


退蔵院周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




京都府の人気夜景スポット