世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

養翠園

ようすいえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
和歌山県和歌山市
  • 養翠園

    蘇州の西湖をイメージした大名庭園

    国指定名勝
    庭園面積 6,000坪 (超大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

養翠園の由来

養翠園は、紀州徳川家により江戸末期(1826)に8年の歳月を掛けて作庭された大名庭園。中国の景勝地を縮景しており、平成元年(1989)に国指定名勝を受ける。






  • 池泉回遊式庭園

    養翠園は、海水を取り入れた汐入りの池による池泉回遊式庭園であり、同様の形式は大規模な庭園では浜離宮恩賜庭園(東京)のみである。

  • 三ツ橋、太鼓橋

    入江を挟んだ両岸を繋ぐ堤を池に建築しており、右から三ツ橋、中島を挟んで太鼓橋を望む。これは中国蘇州の西湖(さいこ)に造られた長さ2.8kmの堤防をイメージして造られたものである。西湖を模して造られた堤は、旧芝離宮恩賜庭園(東京)や縮景園(広島)などいくつかの庭園で見られる。

  • 三ツ橋

    入江から続く三ツ橋。

  • クランク状に折れ曲がっている

    蘇州の西湖に造られた堤は直線であるが、養翠園はクランク状に折れ曲がっている。これは池泉を取り囲む護岸壁の直線と、借景となる章魚頭姿山(高津子山/たこずしやま)の曲線との対比を考えて折れ曲がった形状にしているとのこと。なるほど、池泉が広大でシンプルな庭園であるがゆえ単調になりがちなところに、このような工夫をしているのか。奥が深いですね。

  • 中島には守護神を祀ってある

    中島には守護神を祀ってある。

  • 中島に架かる太鼓橋

    中島に架かる太鼓橋。

  • 石橋はもとより護岸石組まで青石で構成

    堤には石橋が架けられている。石橋はもとより護岸石組まで紀州の特産でもある青石で構成。なんとも贅沢な造りであり、養翠園の見所でもあると思う。

  • 護岸石組は青石で統一

    このように護岸石組は青石で統一されていることが分かる。

  • 刈込み松

    金柑畑跡には、背の低い刈込み松が植樹されている。

  • 狐山

    護岸石組は一定の高さで統一されているが、狐山と呼ばれる築山の麓には、青石による意欲的な石組がみられる。ただし、こちらの写真はは対岸から300mmの望遠レンズで撮影したものであり、肉眼ではその迫力を感じられにくい。後述するが、この狐山は不老不死の仙人が住む蓬莱山を見立てていると思われる。

  • 夜泊石

    養翠亭前では、夜泊石(よどまりいし)が確認できる。夜泊石とは、蓬莱へ向かう集団船(宝舟ともいう)が、夜のうちに船溜まりに停泊している姿を抽象的に表現したものといわれる。代表的なものが宗隣寺 龍心庭(山口県宇部市)で見られる。

  • 2列に石が並んでいる

    夜泊石とは、このように2列に石が並んでいることが多い。この集団船は、おそらく前述した狐山に向かっているものだと考えられ、そのため、狐山は蓬莱山を見立てていると私は推測してみた。このような推測も、日本庭園の魅力のひとつだろう。

  • 数寄屋造りの養翠亭

    数寄屋造りの養翠亭。養翠亭の内部見学はできないが、茶室など数十室があり、平成6年(1994)に解体改修されている。また、池泉の先には借景となる章魚頭姿山(高津子山/たこずしやま)が控え、三方向を山に囲まれた「三山一湖」をイメージしている。


総評
庭園東部は蘇州西湖をイメージした直線主体のシンプルな庭園、東部は夜泊石、蓬莱山(狐山)、そして曲線の護岸と日本的なイメージな庭園となっており、日本庭園と中国庭園が融合している。
×庭園の大半を池泉を締めるため、本記事に記載の知識をつけてから訪問しないと、散漫な庭園にも見えてしまう。


アクセス
和歌山県和歌山市西浜1164

駐車場
有り(無料)

開園時間
4~8月 午前9時~午後6時
9~3月 午前9時~午後5時
元旦 午前11時~午後5時

入園料
中学生以上600円
小人300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-12-29 (日) 更新日 2019-04-14


養翠園周辺の庭園

番所庭園
和歌山市 1.3km
番所庭園
六三園(がんこ和歌山)
和歌山市 2.8km
六三園(がんこ和歌山)
長保寺
海南市 9.7km
長保寺

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




和歌山県の人気夜景スポット