世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

遍照院庭園

へんしょういんていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
福岡県久留米市
  • 遍照院

    シューズメーカから寄贈された池泉庭園

    池泉庭園
    庭園面積 700坪 (中規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

遍照院庭園の由来

遍照院は江戸初期(1656)に創建された真言宗の寺院である。庭園は久留米市のシューズメーカー「(株)ムーンスター(当時は月星ゴム(株))」より昭和35年(1960)に寄贈され、庭園研究家・森薀(もりおさむ)によって作庭されたものである。






  • 池泉回遊式庭園

    久留米市には17の寺社が集まった寺町があり、その一角に江戸時代後期の尊皇思想家・高山彦九郎の墓がある遍照院がある。本寺院には、なんと地元のシューズメーカーより寄贈されたという池泉回遊式庭園がある。なんとも変わったルーツの庭園だ。

  • 独特な意匠の中島

    丸石を敷いた中島に巨石を立てた独特な意匠の中島。本庭園で最も美しいと感じたポイントである。

  • 三条大橋をイメージ

    2ヶ所ある中島のメインとなる中島には石橋が欠けられ、この石橋は同寺に眠る高山彦九郎にゆかりのある京都にある三条大橋をイメージしたものである。中島には、柱の部分を埋め込んだ埋け込み灯籠を設置され、なんとも可愛らしい。

  • ら洲浜を表現したような造形で岬が造っている

    中島からつづく洲浜は、岬を表現したような造形である。洲浜:水際を美しく魅せる技法

  • 三尊石

    伏石と横石による三尊石。

  • 亀石組?

    L時形の石を中心に4石を配置した石組。左の石を亀頭石、L字型の石を亀甲石とした亀石組にも見えなくはない。

  • 茶室「以白庵」

    京都から移築した茶室「以白庵」があり、飛び石が張り巡らされている。

  • 「行」の延段

    自然石と切石がミックスした「行」の延段。延段については、長野県の笹離宮の記事を参考にしてほしい。


総評
心字池にある中島の意匠が独特で面白い。
×広さの割りには見どころが少なく、間延びした感じがする。


アクセス
福岡県久留米市寺町56
西鉄「久留米駅」徒歩10分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2020-02-08 (土) 更新日 2020-10-30


遍照院庭園周辺の庭園

石橋文化センター 日本庭園
久留米市 1.3km
石橋文化センター 日本庭園
太宰府天満宮 浮殿庭園
太宰府市 22km
太宰府天満宮 浮殿庭園
旧戸島家住宅
柳川市 22km
旧戸島家住宅

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




福岡県の人気夜景スポット