世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

日向和田 臨川庭園

ひなたわだ りんせんていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
東京都青梅市

日向和田 臨川庭園の由来

青梅出身の衆議院議員・津雲國利が昭和9年(1934)に建造した邸宅。遺族の青梅市への寄付により一般開放されるようになる。故人が「臨川梅園」と愛称していたことから「日向和田 臨川庭園」と名付けられた。






  • 飛石にて庭園を散策する園内

    飛石にて庭園を散策する園内。ピンク色に花咲くミツバツツジや赤い花の木瓜(ボケ)に目が留まる。

  • 枯流れ

    石で流水を表現した枯流れ

  • 瓦葺入母屋造

    京都から宮大工を招き、青梅の職人によって造られた瓦葺入母屋造(かわらぶきいりもやづくり)の建築物。入母屋造:屋根の形のひとつ。寺院などでよく見られる形式。

  • 休憩所からミツバツツジを眺める

    休憩所からの眺め。ピンク色に花咲くミツバツツジが可愛らしい。

  • 庭園を散策する妻

    庭園を散策する妻。

  • 石苔

    石苔って美しいですよね。

  • 雪柳(ユキヤナギ)と<b>木瓜(ボケ)

    赤い花を咲かせるバラ科の木瓜(ボケ)と、枝先の長い穂に白い花を咲かせる雪柳(ユキヤナギ)の紅白が美しい。


総評
地元以外には知られておらず静寂な空間。庭園からは多摩川の透き通った流れも眺められる。
×庭園としての特徴は「枯流れ」のみで、見所に乏しい。


アクセス
東京都青梅市日向和田2-271
JR青梅線 宮ノ平駅から徒歩5分

駐車場
なし

開園時間
午前9時~午後4時
休園日 毎週月曜日(祝日のときは翌日)

入園料
無料

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-03-31 (日) 更新日 2018-04-08


日向和田 臨川庭園周辺の庭園

玉堂美術館
青梅市 6.3km
玉堂美術館
能仁寺
飯能市 12km
能仁寺
殿ヶ谷戸庭園
国分寺市 29km
殿ヶ谷戸庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




東京都の人気夜景スポット