世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

南楽園

なんらくえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
愛媛県宇和島市
  • 南楽園入口

    四国で栗林公園に次ぐ広大な日本庭園

    池泉庭園
    庭園面積 46,000坪 (超大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

南楽園の由来

南楽園は昭和60年(1985)に開園。4万6千坪と東京ドーム約3個分の広さであり、四国では栗林公園の4万9千坪に次ぐ。作庭家は伊藤邦衛(いとう くにえ)であり、徳川園(名古屋)や三景園(広島)などを手掛ける。






  • 全方向の借景が見事

    どこまでが敷地だろうか。広大な日本庭園にして全方向の借景が見事である。そう、これが立地を活かした南楽園最大の魅力である。園内は広大であり日陰が少ないため、夏以外の訪問をお薦めしたい。

  • 借景との連続性が見事

    借景との連続性が見事である。

  • 美国橋

    朱色の橋は「美国橋」と呼ばれる。池泉は上池、下池で構成され、3つの巨大な中島を配している。

  • 曲線を多様

    巨大な庭園は単調になりがちであるが、曲線を多様することで眺める場所による景観の変化が大きくなるように工夫をしている。ただ、それでもボート乗り場付近のエリアは間延びした感じとなる。なお、本格的な池泉庭園で貸しボートは、池泉舟遊式庭園を楽しめるということだ。全国的にも栗林公園などに限られおり貴重な体験ができるものだ。

  • 護岸石組と刈り込みの融合

    ボート乗り場付近から望遠レンズで護岸石組を眺めると、護岸石組と刈り込みの融合が見どころである。

  • 紅葉滝

    紅葉滝は、やや大味な滝石組だ。

  • 紅葉滝

    紅葉滝から下流を眺める。大きな沢飛石で滝石組にアプローチできるようになっている。

  • 洲浜、池泉、中島、借景と続く

    洲浜、池泉、中島、借景と続く。

  • 中島の細長く伸びバランス良く石を組んでいる

    先ほどの撮影地点を対岸から撮影。中島の細長く伸びバランス良く石を組んでいるため、写真撮影するとバランス良くみえる。

  • 中島が

    刈込みで覆われた中島。中島のメンテナンスは舟で渡ることになるが、そのような中島がここまで手入れされていることに脱帽。

  • 額縁庭園

    海の家からの額縁庭園。


総評
中島の曲線美により景観の変化を付けられ、特に360度全方向の借景との連続性があり見事である。
×景観に変化を付ける工夫がみられるが、敷地が広大であるため間延びする区間がある。


アクセス
愛媛県宇和島市津島町近家甲1813
宇和島道・津島岩松ICより約5分

駐車場
有り(無料)

開園時間
午前9時~午後5時

休園:年末年始

入園料
大人(18歳以上) 310円
小人(小学生以上) 150円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-11-21 (日) 更新日 2021-12-11

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は昭和(1985)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


南楽園周辺の庭園

天赦園
宇和島市 11km
天赦園
西江寺庭園
宇和島市 12km
西江寺庭園
臥龍山荘庭園
大洲市 42km
臥龍山荘庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




愛媛県の人気夜景スポット