世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

三渓園

さんけいえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
神奈川県横浜市中区
  • 正門

    10棟の重要文化財に囲まれた池泉庭園

    池泉庭園 / 国指定名勝
    庭園面積 53,000坪 (超大規模)
    抹茶など頂ける
    特筆事項 臨春閣の特別公開、紅葉時期のライトアップ
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

三渓園の由来

製糸貿易で財をなした実業家であり茶人の原富太郎(茶名:原三渓)により明治39年(1906)に造園。同年に三重塔のある外苑が一般公開される。その後、空襲の被害を受けるが、復旧工事により昭和33年(1958)に内苑を含む全面公開。2007年には国指定名勝を受ける。






  • 臨春閣

    横浜の庭園といえば、浄土式庭園の称名寺と三溪園が知られている。三渓園には10棟の重要文化財建造物あり、なかでも約30年ぶりに大規模な保存修理工事が完了した臨春閣(りんしゅんかく)の特別公開に再訪して、記事を刷新することに。

  • 臨春閣を別方向から

    重要文化財の臨春閣は、紀州徳川家・初代藩主の徳川頼宣(よりのぶ)が江戸初期(1649)に和歌山に建てた別荘。大正6年(1917)に移築された。紀ノ川沿い建てられたいたこともあり、三溪園では池泉に面して涼を感じられる。臨春閣は今回の特別公開以外では、GWに特別公開される。

  • 亭榭(ていしゃ)

    橋の中程にある亭榭(ていしゃ)から臨春閣を眺める。亭榭とは屋根のある見晴らし台のことであり、原富太郎(茶名:三渓)が京都にある高台寺の月見台を模して設計したものである。

  • 沓脱石

    第三屋の沓脱石は巨石によるものだ。おそらく鞍馬石ではないだろうか。

  • 臨春閣の洲浜

    三溪園は重要文化財の建築物がメインであり庭園の要素は少ないが、臨春閣の池泉周辺は洲浜の意匠が美しい。特に洲浜に巨石を配しているあたりが秀逸だ。洲浜:汀を美しく魅せる技術。

  • 臨春閣 第二屋

    臨春閣内でのカメラ撮影は禁止されていた。(屋内から庭を撮影するのもNGである)。ただ開園時間が9時で臨春閣の入館が10時となるため開園直後の1時間は、屋外よりほぼ無人での建築物の撮影ができる。今回は敢えて被写体にスタッフをいれてみた。

  • 聴秋閣

    重要文化財の聴秋閣 (ちょうしゅうかく)。二層の住宅風楼閣で江戸初期(1623)に徳川家光が二条城内に建築させたものを、大正11年(1922)に移築した。臨春閣と並ぶ印象的な建築物であり、建物へのアプローチに巨石による沢飛石も力強い。

  • 聴秋閣

    沢沿いに建て涼を感じさせる。正面からの景観も美しいが、この角度からだと建築物の立体面が際だち、見逃せない視点場である。

  • 天授院

    織田信長の弟・織田有楽(うらく)の作品とされる茶室「春草廬 (しゅんそうろ)」。少し分かりにくいが、茶室は建物の左手の3.8畳ほどのスペースで、広間と水屋は原三渓によって造築したものである。また手水鉢は日本初の作庭家ともいわれる臨済宗の禅僧・夢窓 疎石(むそう そせき)天龍寺で愛用したものと伝えられる。

  • 月華殿

    月華殿(げっかでん)は伏見城で大名控室として江戸初期(1603)に作られたもの。こちらも重要文化財である。

  • 立礼席

    三渓記念館で茶道家の点てる抹茶を立礼席(りゅうれいせき)で頂ける。立札席:座敷ではなく椅子に腰掛けるスタイル

  • 旧矢箆原家住宅

    重要文化財の旧矢箆原(きゅうやのはら)家住宅。白川郷にあった合掌造りの建築物で、通年内部見学ができる。

  • 囲炉裏を望む

    旧矢箆原での囲炉裏。園内には展望台もあり、石油工場や海を眺めらる。ゆっくりと巡って2時間ぐらいの広さだろうか。紅葉時期にも改めて訪問してみたい空間だ。


総評
臨春閣と池泉、聴秋閣と沢の組み合わせが美しく、10もの重要文化財の建築物を一度に楽しめる。
×歴史的建造物の集合体であるが故に、著名な庭園ではあるが、古庭園好きとしてはややもの足らない。


アクセス
神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
元町・中華街駅から 4番出口そば山下町バス停 市バス8・148系統約15分 三溪園入口下車・徒歩5分

駐車場
正門前に専用の有料駐車場あり 周辺のコインパーキングを地図から探す

開園時間
午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

入園料
大人(高校生以上) 700円
こども(小学生・中学生) 200円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2017-11-03 (金) 更新日 2022-09-25

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治 (1906年)です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
あります。


三渓園周辺の庭園

横浜公園 彼我庭園
横浜市中区 3.7km
横浜公園 彼我庭園
称名寺
横浜市金沢区 9.0km
称名寺
CIAL鶴見 屋上庭園  清風苑
横浜市鶴見区 10km
CIAL鶴見 屋上庭園 清風苑

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




神奈川県の人気夜景スポット