世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

白水阿弥陀堂

しらみずあみだどう
美しさ ★★
静寂さ ★★
福島県いわき市
  • 願成寺 阿弥陀仏堂

    洲浜の造形が美しい浄土式庭園

    池泉庭園
    庭園面積 6,000坪 (超大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成

白水阿弥陀堂の由来

願成寺の白水阿弥陀堂は福島県唯一の国宝建造物。白水阿弥陀堂は1160年に作られ、庭園も同時期となる平安末期に作庭され浄土式庭園の代表格でもある。白水阿弥陀堂は願成寺(がんじょうじ)が所有しており、それ以外の庭園と池泉はいわき市の所有、管理となる。






  • 白水阿弥陀堂 浄土式庭園

    白水阿弥陀堂は浄土式庭園の代表格のひとつ。三連休の中日朝イチでは、まだ人もまばらだったが、1時間もすると観光バスが到着。

  • 借景の美しい浄土式庭園

    借景の美しい浄土式庭園。白水阿弥陀堂の中島は有料エリアであるが、池を取り囲む散策路は無料で常時開放されている。開門前に訪れて、池越しに中島を観賞できれば時間の有効活用ができつつ、静寂ななかでの散策を楽しめる。

  • 浄土式庭園

    朱塗りの反り橋を望む。此岸(しがん)と呼ばれる「現世」から反橋を渡り中島を経由して、平橋で彼岸(ひがん)と呼ばれる「来世」へ向かう極楽浄土へ辿りつくようになっている。このような庭園を浄土式庭園という。他には、平等院称名寺(横浜市)なども有名である。また、橋の存在しない浄土式庭園もあり浄瑠璃寺庭園が代表的である。

  • 洲浜

    ここからは有料エリアの中島へ進み撮影していく。観光客の多くは国宝「白水阿弥陀堂」の阿弥陀三尊像や天王像を拝み帰っていくが、それだけではもったない。特に池泉の水を美しく魅せる技法である「洲浜(すはま)」に注目してほしい。

  • 岬の先には力強い立石による岩島

    池底に大粒の石を敷き、池汀(ちてい)や岬は石を細かくしている。岬の先には力強い立石による岩島などを配している。

  • 美しい洲浜

    再び、無料エリアの散策路から先ほどの洲浜を望遠レンズで撮影すると、このような美しい洲浜が描かれている。

  • 国宝「白水阿弥陀堂」と大銀杏

    国宝「白水阿弥陀堂」と大銀杏。

  • 西池に面した洲浜

    西池に面した洲浜もまた美しい。

  • 中島は洲浜で囲まれている

    無料エリアから西池を撮影。中島は洲浜で囲まれている。

  • 平橋

    最後に平橋を撮影。1時間30分ほどじっくりと浄土式庭園を観賞。浄土式庭園は、一般的な観光庭園と異なり景観を楽しめる要素が少ないが、白水阿弥陀堂庭園は洲浜が美しく、望遠レンズやスマホの望遠で洲浜の曲線美を撮影してみてほしい。


総評
庭園景観としては単調になりがちな浄土式庭園でありながら、洲浜の曲線美が美しく見応えがある。
×庭園南側を眺めると、工場のクレーンが顔を覗かせてしまう。


アクセス
福島県いわき市内郷白水町広畑221
常磐道いわき湯本ICから約15分、JRいわき駅から川平行きバスあみだ堂バス停下車して徒歩5分

駐車場
有り(無料)

開園時間
4月~10月 午前8時30分~午後4時(入園は15分前まで)
11月~3月 午前8時30分~午後3時30分(入園は15分前まで)

休園日は毎月第4水曜日(12月は第2水曜日・木曜日)、他に複数あるため公式サイトで確認

入園料
大人 500円 
小学生 300円

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-03 (日) 更新日 2019-11-10


白水阿弥陀堂周辺の庭園

西山御殿(西山荘)
常陸太田市 66km
西山御殿(西山荘)
南湖公園
白河市 69km
南湖公園
翠楽苑
白河市 69km
翠楽苑

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




福島県の人気夜景スポット