世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

正伝永源院

しょうでんえいげんいん
美しさ ★★
静寂さ ★★
京都府京都市東山区
  • 正伝永源院 山門

    国宝三茶室の写しを見学できる

    池泉庭園 露地(茶庭)
    庭園面積 50坪 (小規模)
    室内からも庭園を眺められる
    雨でも十分に楽しめる
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

正伝永源院の由来

正伝永源院は、臨済宗建仁寺派の寺院であり鎌倉時代に創設。元は鎌倉時代に創建された正伝院と永源庵のニケ寺であり、明治6年に廃寺となった永源庵に、近くに位置していた正伝院が移転して現在に至る。寺院に確認すると、現在の池泉庭園は明治初期後頃であり、当時は枯池だったとのこと。池泉庭園になったのは平成初期(1990年前後)頃とのこと。






  • 本堂から額縁庭園

    春と秋の庭園特別公開のみ拝観できる寺院。まずは本堂から額縁庭園で心を静める。

  • 池泉庭園

    本堂に平行して流れを造った池泉庭園であり、お寺の方の話では昭和に作庭されたとのこと。

  • 石橋

    護岸石組は比較的大きめの石を配置して、自然石のようにみえる石橋を架けている。本池泉庭園で一番美しいと感じた眺めがこちらである。

  • 池泉西部

    池泉西部を望む。

  • 茶室「如庵」

    奥にある茶室「如庵」は、実は日本庭園以上に興味深いものである。

  • 茶室「如庵」

    江戸時代(1618年)に正伝院が再興された時に造られた茶室「如庵」は、明治に三井家本邸(東京)、1972年に名鉄犬山ホテル敷地内に移築され、なんと「国宝三茶室」となっている。こちらの「如庵」は、当時の茶室を平成8年(1996)に再現したものである。「国宝三茶室」の他の2ヶ所は、京都府大山崎町の待庵(たいあん)、京都市大徳寺の密庵(みったん)であり、待庵を摸した茶室は爽籟軒庭園(尾道市)にある。

  • 露地門から飛び石で茶室へと繋がる

    露地を撮影。露地門から飛び石で茶室へと繋がる。

  • 蹲居

    蹲居(つくばい)の手水鉢は背の低い石となっており、あまり見たことがないタイプである。手水鉢とは隣接する茶室へ向かう際など、身を清めるための手水鉢であり、夜の茶会で使う明かりを置く石、湯桶を置く石などを含めて蹲踞と呼ぶ。詳しくは清水園(新潟県新発田市)の記事を参考にして欲しい。

  • 額縁庭園

    最後にもう一度、額縁庭園を眺めて正伝永源院をあとにする。


総評
東山エリアの京都でも賑わいのあるエリアにありながら、落ち着いて観賞できる。また外観だけであるが、国宝三茶室の写しを見ることができる。
×美しく整備されているが、京都の日本庭園としてはやや見応えに掛ける。


アクセス
京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町586
京阪「祇園四条」駅 徒歩5分、阪急「河原町」駅 徒歩7分

駐車場
なし(コインパーキング多数) 周辺のコインパーキングを地図から探す

開園時間
春と秋の季節限定公開

入園料
有料 公式サイトで確認下さい。

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-11-29 (金) 更新日 2020-06-03


正伝永源院周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




京都府の人気夜景スポット