世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

隅田公園

すみだこうえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
東京都墨田区
  • 隅田公園の日本庭園からみた東京スカイツリー

    東京スカイツリーを借景とした池泉庭園

    池泉庭園
    庭園面積 1,500坪 (大規模)
    作庭時期 不明 ~飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸 明治 大正 昭和 平成 令和

隅田公園の由来

隅田公園は、江戸時代に水戸徳川家の下屋敷があった場所。明治維新後に政府により土地を戻されるが、明治4年に水戸徳川家の小梅邸が造られ、当時の地図には庭園があったことが記されている。その後、高速道路や広場の建設により面積が縮小され荒廃するが、昭和51年(1976)の改修工事により現在の形となる。






  • 東京スカイツリーが借景

    日本初のリバーサイドパークである隅田公園は桜の名所でもあるが、水戸徳川家の下屋敷に造られた日本庭園の面影が残る日本庭園がある。東京スカイツリーが借景としてそびえ建っているのが印象的だ。

  • 中島は亀島

    訪問日は桜が満開のタイミングであり、広場には多くのテントが張られ花見を愉しんでいるファミリーで溢れていた。中島は亀島だろうか。

  • 亀頭石

    中島の先端は、亀の頭のようにみえる亀頭石(きとうせき)がある。

  • 亀尾石

    亀頭石の反対側は、このように亀尾石(きぼせき)らしき石が置かれ、その上には数匹の亀が休んでいた。奥には首都高速がみえ、首都高速が造られる前は、もっと広い日本庭園であった。

  • 滝石組

    気づく人は少ないが滝石組がある。正面の漆黒の石は水落石と呼ばれる、滝石組の中心となる石で水が落ちていく石である。

  • 山肌と垂直に据えられた石

    築山に斜めに据えることで山肌と垂直に据えられ力強さを感じる。おそらく、明治時代から残る石だろう。

  • 隅田公園

    中島の西側を撮影。中島としては規模がかなり大きく、水戸徳川家の下屋敷のスケールを感じさせる。下屋敷とは上屋敷の本邸に対して別荘的な役割を果たしつつ、国元からの荷を揚げるため水辺につくられることが多い。


総評
東京スカイツリーと、水戸徳川家の下屋敷に造られた日本庭園の面影が残る池泉庭園の時代が大きく異なる2つの対比を愉しめる。
×明治時代に作庭されたこともあり、日本庭園としてはやや大味である。


アクセス
東京都墨田区向島1丁目
浅草駅 徒歩5分

駐車場

開園時間
常時開放

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2021-03-27 (土) 更新日 2021-03-28

よくある質問


いつごろ作庭された庭園ですか。
作庭時期は明治です。
雨でも濡れずに楽しめますか。
いいえ。屋外を回遊する必要があります。
抹茶や珈琲などを楽しむところはありますか。
残念ながら、ありません。


隅田公園周辺の庭園

浅草寺 伝法院庭園
台東区 1.0km
浅草寺 伝法院庭園
旧安田庭園
墨田区 1.7km
旧安田庭園
東京国立博物館 庭園
台東区 3.1km
東京国立博物館 庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




東京都の人気夜景スポット