世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

大濠公園 日本庭園

おおほりこうえん にほんていえん
美しさ ★★
静寂さ ★★
福岡県福岡市中央区

大濠公園 日本庭園の由来

江戸時代(1600年頃)に福岡城の外濠であった地を、福岡県が整備し昭和4年(1929)に公園として公開。大濠公園開園50周年を記念して昭和59年(1984)に築山林泉廻遊式の日本庭園を築庭。






  • 上の池

    まずは主景である「大池泉庭」から。池泉には3つの島があり、これは不老長寿、永劫の繁栄を意味する伝説の島「蓬莱」・「方丈」・「瀛州(えいしゅう)」の神仙(しんせん)三島を表しています。江戸時代に造られた大名庭園には、よく見られる様子である。

  • 渓流の滝

    四阿(あずまや)近くの渓流の滝。GW前後にはピンク色のサツキが開花して色鮮やかになるだろう。

  • 和傘の着物女性

    日本庭園巡りをしていると、たまに出会う和装前撮り。深碧(しんぺき)のなかに朱色の和装と和傘はよく映える。絶好のシャッターチャンス到来。焦点距離70mmで撮影してトリミング。(深碧:力強く深い緑色)

  • 新郎新婦がリフレクション

    上の池に新郎新婦がリフレクション(反射)している。また左手には、さきほど岩島だ。

  • 三段落ちの滝にある平橋

    三段落ちの滝にある石橋。2枚の石岩は立派なものだ。

  • 上の池での洲浜

    池泉の汀(みぎわ)に沿って、小さな玉石が敷かている。これを洲浜(すはま)と呼ぶ。洲浜は海岸の遠浅のように池泉まで広がることで、水面がいっそう清らかに見える。つまり、池泉の水を美しく魅せる技法である。(汀:波打ち際)

  • 枯山水庭

    「下の池」近くにでは枯山水を楽しめる。

  • 平石から同心円に広がる砂紋。

    白砂は水を、背後の石組は遠山を表現している。

  • 「上の池」と「下の池」の境界付近

    「上の池」と「下の池」の境界付近。こちらでも洲浜が演出されている。

  • 大濠公園 日本庭園案内図

    大濠公園の日本庭園 案内図。大濠公園の隅にこっそり位置することがわかる。受付で配布されている案内図を引用。 [ 案内図を拡大する ]


総評
毎月第1・第3火曜日(休園日の場合はその翌日)の茶室開放日に訪れれば、池泉庭園、枯山水、露地(茶庭)を一度に鑑賞できる。
×茶室は予約制で、露地(茶庭)を気軽に楽しむには月に2日間しかない。(取材には茶室開放日でないため撮影できていません。)


アクセス
福岡市中央区大濠公園1番7号
地下鉄 大濠公園駅より徒歩10分/西鉄バス「城内」より徒歩5分

駐車場
なし(周辺にコインパーキング多数あり)

開園時間
午前9時〜午後5時(入園は午後4時45分まで)
※6・7・8月は午前9時〜午後6時、入園は午後5時45分まで
休園日:毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日) 

入園料
一般 240円
児童 120円
(児童とは15才未満)

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2017-12-03 (日) 更新日 2018-04-01


大濠公園 日本庭園周辺の庭園

友泉亭公園
福岡市城南区 2.3km
友泉亭公園
楽水園
福岡市博多区 3.9km
楽水園
太宰府天満宮 浮殿庭園
太宰府市 19km
太宰府天満宮 浮殿庭園

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




福岡県の人気夜景スポット