世界2,500ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る

星溪園

せいけいえん
美しさ ★★
静寂さ ★★★
埼玉県熊谷市

星溪園の由来

星溪園は本陣(大名や役人だけが宿泊できる宿)を代々務めていた竹井家の別邸で、江戸末期から明治に架けて造られた庭園である。昭和25年(1950)に熊谷市へ譲渡され「星溪園」という名称となる。






  • 池泉庭園

    熊谷駅からも徒歩圏にある熊谷市指定の名勝である庭園。訪問時は夏と言うこともあってか、草木が生長しており、ややうっそうとした感が否めなかった。池泉には中島設けられ切石による石橋で繋がっている。

  • 星渓寮

    園内での見どころは星渓寮の枯山水。奥にみえるのが枯滝石組であり別角度から眺めると、、、

  • 枯滝石組と枯流れ

    このようになっている。枯流れは大きさが揃った栗石が敷かれ、枯滝石組から流れ落ちる様子を描いている。ただ枯流れは直線的ではなく曲線を描いているほうが、より美しさを感じされたと思う。

  • 枯滝石組

    青石をつかった枯滝石組であり、右側から水が流れ落ちるようにイメージして組まれている。

  • 天柱石

    星渓寮の縁側前には2本の天柱石と飛び石を組み合わせた苑路が造られ、手前には豊臣秀吉に献上された袖振り石が置いてある。

  • 豊臣秀吉に献上された袖振り石

    袖振り石を正面から撮影。左半分か欠けているため赤ラインで当初の姿を模ってみた。石の名前の由来は「袖振り合うも多生の縁」からきており、人間の胴体にそっくりな石であり、特に袖がはっきりとしていることから、このような名前が付けられ、その貴重さから将軍に献上されたのだろう。

  • 回遊式庭園

    ゆっくり1周しても5分もかからない回遊式庭園であるが、周辺では庭園が皆無のため貴重なスポットだ。


総評
星渓寮の枯滝石組は見応えがある。
×池泉庭園周辺の木々が生長して、うっそうとしていた。


アクセス
埼玉県熊谷市鎌倉町32番地
秩父鉄道「上熊谷」駅 徒歩約3分、JR「熊谷駅」 徒歩約18分

駐車場

開園時間
午前9時~午後5時
11月~2月 午前9時~午後4時

休園日:月曜日、年末年始

入園料
無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2019-08-24 (土) 更新日 2020-03-20


星溪園周辺の庭園

善勝寺
鴻巣市 19km
善勝寺
足利学校
足利市 23km
足利学校
物外軒
足利市 23km
物外軒

100km以内の庭園スポットを直線距離で表示

本記事をスマホで見るQRコード




埼玉県の人気夜景スポット