世界2,300ヶ所の夜景を巡った男が庭園を巡る
国指定名勝

無鄰菴

むりんあん
美しさ ★★
静寂さ ★★
京都府京都市左京区

無鄰菴の由来

無鄰菴は、明治29年に第3代、第9代総理大臣を務めた山縣有朋(やまがた ありとも)の別邸として造られた。昭和14年に京都市に譲渡され、昭和26年に国指定名勝を受ける。庭園は、山縣有朋の支持により平安神宮神苑や旧古河庭園を作庭した小川治兵衛によるもの。






  • 無鄰菴の散策路

    母家二階の貸し切り、抹茶体験、さらには一定人数が揃えば事前予約でライトアップされた庭園を鑑賞できるなど多彩なイベントが開催されるアグレッシブな庭園。それでいて国指定名勝というのが素晴らしい。それでは、まずは茶室へ繋がる散策路を歩いて行こう。

  • 無鄰菴の茶室

    茶室は事前予約制であるが、入り口付近からこのような写真を撮影することは可能だ。

  • 無鄰菴 約50種類の苔

    作庭当時は芝生だったが、現在では約50種類の苔が広がる。

  • 無鄰菴 苔道

    庭園の遣り水は琵琶湖疏水(そすい)より引かれている。

  • 無鄰菴 数寄屋造りの母家からの眺め

    庭園をぐるっと巡ってきて数寄屋造りの母家に戻ってくる。遣り水には瀬落ちと呼ばれる石により段差が設けられ、水音が心地よく響く。数寄屋造り:茶室風の様式を取り入れた建築

  • 無鄰菴 池泉庭園

    無鄰菴は池泉庭園であり、池泉の水を美しく魅せる技法である「洲浜(すはま)」もみられる。

  • 自由に出入りできる母家

    自由に出入りできる母家へ。ここでは和菓子付き抹茶を頂くこともできる。そして、おきまりの額縁庭園が思う存分愉しめる。

  • 藍色の毛氈(もうせん)

    藍色の毛氈(もうせん)というのが珍しいですね。(毛氈:フェルト生地の敷物)

  • 飛び石

    無鄰菴は元総理大臣・山縣有朋の指示により小川治兵衛に造らせた庭園であり、東京の椿山荘(ちんざんそう)、小田原の古稀庵(こきあん)は、山縣三名園と呼ばれているそうだ。

  • 結界

    石橋の手前には竹で造られた「結界」がある。これは「これ以上先へはご遠慮ください」という意味である。他には縄で括られた球体の石で表されることもあり、こちらは「止め石」や「関守石」と呼ばれる。

  • 隣の母家

    庭園を眺めれる居間は1階には2部屋ある。

  • 額縁庭園

    額縁庭園の撮影を再び愉しむ。このような写真は明暗が激しいためISOを低くして撮影して、Adobe LightRoomでRAW現像を行い調整を行う必要がある。

  • 二階建ての母家

    それほど広くない庭園だが、居心地がよく90分ほどゆっくりさせて頂いた。最後に二階建ての母家を撮影して無鄰菴を後にする。


総評
数寄屋造りの母家から、東山を借景とした庭園を鑑賞できる。丸座布団や丸テーブルなどもあり長居したくなる心地よい空間だ。
×特に見あたらない。


アクセス
京都府京都市左京区南禅寺草川町31番地
京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」徒歩約7分、京都市バス 京都岡崎ループ「南禅寺・疏水記念館・動物園東門前」下車 徒歩4分

駐車場
なし

開園時間
4~6月 午前8時30分~午後6時
7~8月 午前7時30分~午後6時
9~10月 午前8時30分~午後6時
11月 午前7時30分~午後5時
12~3月 午前8時30分~午後5時
※最終入場は、閉場時間の30分前まで

休場日 年末

入園料
一般 410円
小学生未満は無料

公式サイト

地図
正門にピンを立てています。
訪問日 2018-06-16 (日) 更新日 2018-06-30


無鄰菴周辺の庭園


100km以内の庭園スポットを直線距離で表示




京都府の人気夜景スポット